転出届・転入届の手続きに必要なもの

他の市区町村へ転居する場合には、住民票を移動するために転出・転入の手続きが必要になります。この転出届・転入届は、引越しする時には必ず提出が必要になる書類です。

でも、初めて引越しや転勤、結婚などで引越しをする場合、どうすればいいのか分らないと思います。なので、ここでは転出届と転入届についての簡単な流れと必要になるものを説明したいと思います。

転出届の手続き

引越しが決まったら、旧住所の市区町村役場で転出届を記入提出し、転出証明書を発行してもらいましょう。

役場で転出届に必要なもの

・ 国民年金手帳(国民年金加入の場合)
・ 届け出る人の証明書等(運転免許証など)
・ 届け出る人の印鑑

届出は本人が行うことが原則ですが、どうしても本人が行えない場合は代理人による届け出も出来ます。その際、委任状などが必要になりますので注意してください。

また、郵送での届け出も可能ですが本人に限ります。

郵送での転出届に必要なもの

・ 転出届(市区町村のホームページからダウンロードし、必要事項を記入)
・ 届け出る人の証明書等(運転免許証のコピーなど)
・ 返信用封筒

転入届の手続き

引越しが終わったら、新住所の市区町村役場に転入届とともに上記の転出証明書を提出します。必ず2週間以内に手続きするようにしましょう。

転入届に必要なもの

・ 転出証明書
・ 国民年金手帳(国民年金加入の場合)
・ 届け出る人の証明書等(運転免許証など)
・ 届け出る人の印鑑

なお、同一の市区町村内への転居の場合には、「転居届」の手続きが必要です。

転居届に必要なもの

・ 国民年金手帳(国民年金加入の場合)
・ 国民健康保険証(国民健康保険加入の場合)
・ 届け出る人の証明書等(運転免許証など)
・ 届け出る人の印鑑

以上で住民票の移動は完了です。上にも記載しましたが、転居後2週間以内に、転出届および転入届または転居届の手続きをしてください。遅れてしまうと最大5万円の過料が処される場合があります。

引越し一括見積りで、引越し料金が120,000円 → 80,000円に!
なんと40,000円も安くなりました。

【3分で完了】引越し一括見積りをしてみる!
次の記事: 学校の転校手続き
前の記事: 固定電話の引越し手続き
引越しついでに得する情報
引越し料金の値引き方法

インターネットの引越し手続き

Copyright (C) 引越し準備マニュアル〜安い料金で引越しする方法〜. All Rights Reserved.